バックカントリーとは|テレマークスキー・バックカントリー・登山用品の販売ならナイスエッジ

バックカントリーとは

冬の旅行計画を立てている方はいらっしゃいますか。
冬の旅行で、外せないのがスキーなのではないでしょうか。
白いゲレンデなど大自然や、スキー自体のスピードやターンなど、いろんな楽しみがあり、魅力的なレジャーです。

毎年同じスキーばっかりで飽きを感じているのであれば、管理されたゲレンデで滑るのとは違う魅力をもつバックカントリースキーに挑戦されてはいかがでしょうか。
バックカントリースキーとは、昔は山スキーや山岳スキーなど呼ばれていたスキーのことで、簡単にいうと、ゲレンデではない場所を滑るスキーのことをいいます。

ただゲレンデではない場所を滑るというわけではなくて、自然のままのフィールド、つまり管理されていない山を滑ることをいいます。
誰も足をつけていない天然の雪の上を滑る高揚感と言ったらありません。
粉雪が舞い上がり、晴れた日には光り輝いてとても幻想的です。

また、木々の間を風を切って滑るスリル感もたまらないです。
リフトがあるわけではないので、登るとなると疲れますが、頑張ったからこそ滑る際の爽快感をより感じることができるわけです。
お友達と一緒なら、がんばれー、あと少しだよ、など言葉を掛け合って登ることで、より絆を深めることもできます。



とても楽しそうなイメージがありますが、リスクが高いレジャーでもあります。
管理されていない山を滑るわけですから、当然雪崩の心配があります。
ほかにも、転落や滑落、樹木や岩との衝突などありますが、それは全て自己責任のもとで行い、 このようなアクシデントが起こった際の対処法など安全面を考慮し、知識を得た上で行うようにしましょう。

スキー

安心してバックカントリースキーを楽しみたいなら、ツアーに参加するという手もありますよ。
きちんとプロの方が指導してくれますし、なにかあったら対処もしてくれます。
横にプロがいるだけで安心感が違いますよね。
当店でもバックカントリースキーのツアーを行っていますので、やってみたい方、楽しみたい方は、ぜひご利用ください。