登山用品の種類・選び方

ひとくちに登山用品といっても、いろんな種類の用品がありますよね。
その中のひとつである登山靴にも、用途や季節などによって、各メーカーさんから出ている商品にはたくさんの種類があります。
はじめて登山用品店に行く方にとっては、何がなんだかわからず、登山用品選びは、店員さん任せっきりという方も多いのではないでしょうか。
しかし、登山用具を選ぶ際の基本ポイントさえ押さえてしまえば簡単です。
登山用具の3原則ともいわれる登山靴・リュックサック・レインウエアー・アンダーウェアなどの選び方をご紹介いたします。


・登山靴

通常の登山靴には、芯であるシャンクが樹脂系の反発力のある物が使われており、歩行時に生じる靴の返りを的確に復元して、歩きやすくする働きや、地面からの衝撃の和げ、また、石がゴロゴロしているような所では、ねじれを防ぎ、靴底の剛性を維持する役割もあります。
靴底も折り曲げようとすると、反発があるため簡単には曲がりません。
登山靴では靴底のクッション性が特に重要で、下り坂でかかとや膝にくる負担を和らげる工夫がされており、非常に大切な機能なります。
しかし、みなさんが普段、目にしている登山靴の中には、登山靴風に作られた靴もあります。
登山靴風に作られた靴には、内部や靴底などの材質に登山に適さない素材が使用されている場合があるので、初心者のかたで、ご自身では判断ができない場合は、ベテランの先輩、若しくは信頼のある登山の専門店に任せた方が良いと思います。
サイズも重要です。小さすぎる靴は爪などを傷めますし、大きすぎる場合は踵をすりむいたり、靴の中で足が不安定になり転んだりしてしまいます。 小さすぎず大きすぎずジャストフィットする靴を探しましょう。

・リュックサック

リュックサックは、登山計画にあった大きさのものを選ぶことがポイントとなります。
登山用のリュックサックは、ほとんどのメーカーが、リットルという単位で表示しています。
リットルは文字通り、リュックサックの収納容積を意味しており、 山登りも季節や地域、日程により荷物の量は変わってきます。 着替えをはじめ、食料やその他の基本装備20~30リッターが最低限必要な装備品です。
自分の山登りスタイルにあったサイズを選ぶようにしましょう。

・レインウエアー・ダウンジャケット

登山用品の中でも、最も重要なのが、ウェアですよね。
山の天候というのは、急変しやすく、雨に濡れれば体温はあっという間に奪われてしまう事があります。
風に吹き上げられる雨のため、傘を利用するのは不可能です。
さらに、市販のビニール製カッパは、山の強風になどには耐えきれない場合があります。
必ず登山用の上下セパレート型レインウエアを用意するようにしましょう。

山道

初めて登山用のレインウエアを購入する時は、登山用品店に行って必ず試着し、強風にあおられても裂けない丈夫さがあるか、浸水を防ぐために処理がされているか、脱着のしやすさ・動きやすさなど、時には店員の意見を聞きながら選ぶのがポイントです。
アンダーウェアで大切なのは素材です。普段着で気持ちよい「綿」は水を吸うと乾きにくいという性質があるためお勧めしません。雨や自分の汗で濡れてしまった下着を乾かすために登山メーカーが出している下着を選びましょう。素材はポリエステルやウールです。 最近はチクチクしにくいウール(メリノウール)などが人気です。
本格的な標高の高い雪山に行くなら、しっかりとした保温性の高いものを選ぶのがポイントになります。 サイズも適当にフィットしていなければ汗を吸いません。しっかりしたサイズを選びましょう。

このように、登山用品にも様々な種類、そして選び方があります。登山計画にあった用品を選び、楽しい登山を満喫出来るようにしましょう。