テレマークスキーとその魅力は

スキーと聞いて、まずはじめに思い浮かべるのは、アルペンスキーだと思います。
スキーウェアを身に着け、準備したスキー板を履き、リフトにのって上がっていっては滑りながら降りてくるというのを、繰り返しながら楽しむ遊びですよね。
アルペンスキーは、ほとんどの方が経験あるかもしれませんが、今ではちょっと違ったスキー、テレマークスキーというスキーもあるんです。

みなさんは、テレマークスキーって知っていますか。
テレマークスキーとは、19世紀後半にノルウェー南部のテレマルク地方を中心として発展した、現代スキーの原型とも言えるスタイルです。アルペンスキー、クロスカントリースキーと違う点というのは、歩きに特化していることなんです。

とはいえ、テレマークスキーもスキーですので、長い2本の板を履いて、雪の上を滑るスポーツになります。
しかし、アルペンスキーとの大きな違いは、靴の先の方だけを板に固定して、かかとは固定しないことなんです。 足のつま先の方はベルトで固定され、かかとは自由に上がるというサンダルを履いたときをイメージして頂くと分かりやすいと思います。

これに対して、アルペンスキーは、しっかりと踵を固定することにより、滑降に特化して発達したスタイルです。 靴やサンダルのように短ければ、どちらでも同じように歩くことが出来ますが、スキーをする時のように、2m近い板を履いている場合は大きな差が出てしまいます。
例えば、アルペンスキーをしていて、平らなところを移動するときには、ストックで押したりスケーティングするしかないですが、テレマークスキーでは、自然な感じで歩くことができるんですよ。



雪原

ここで、みなさんの中にひとつ疑問が芽生えたかもしれません。
それはおそらく、スキーは滑って楽しむものなのに、何でそんなに歩くことにこだわるのかという事だと思います。確かに、滑って楽しむのも良いですよね。
しかし、テレマークスキーでは、道具の軽さや、登ったり、滑ったりの両立が出来るという魅力があります。

クロスカントリースキーの場合は、道具は軽く、歩くのは良いですが、滑るときは少し難しく感じる方もいます。
アルペンスキーの場合は道具が重く、滑走、歩行の度に、靴を板に取り付けるための器具を操作するのが面倒だと言われています。
テレマークスキーの場合は、かかとは常にフリーなので、歩きやすく、ちょっとしたスキー技術をマスターすれば、山でも滑れます。 その他にも魅力的なところがたっぷりのテレマークスキー。みなさんも一度、挑戦してみてはいかがでしょうか。
当店はテレマークスキースクールも併設していて道具から滑りの技術指導までアフターフォローもバッチリです。